不動産売却の流れとスケジュールについて

家を売る流れは、まずは住宅情報誌やインターネット上のサイトなどから所有物件を売却すると価格がいくらつくのかを類推し、その上で不動産業者に不動産売却に関する相談をし、査定を受けます。出された査定結果に納得できなかった場合は、別の不動産業者を探しだして査定を受け、納得できた場合は媒介契約を締結し、正式に売買の仲介を依頼します。とにかく早く処分したいと考えている人であれば、早ければ1週間程度で媒介契約まで進められますが、じっくりと考えて手続きを進めたい場合は1~3ヶ月程度の期間を見積もっておく必要があるでしょう。

媒介契約締結後、物件所有者は不動産業者に物件に関する資料を提供し、業者はそれをもとに広告を作成し、販売活動を開始します。媒介契約の有効期間は最大で3ヶ月となっており、この期間内に購入希望者があらわれなければ、契約を延長するか、別の業者と媒介契約を締結することになります。もし、購入希望者があらわれれば、売買を成立させるための条件を交渉し、合意が形成されれば売買契約を締結して、手付金を受領します。販売活動開始から売買契約締結までの期間は、通常であれば1~3ヶ月程度、購入希望者が現れるかどうかわからないような物件であれば6ヶ月程度は見積もっておくと良いでしょう。

不動産の引き渡しは、売買契約を結んだ日から1~2ヶ月程度後に設定されることが多いです。引き渡し日に取引当事者が集まったら、未払いの代金の決済や抵当権設定登記、所有権移転登記などを行い、最後に鍵や書類等を引き渡して、正式に譲渡が完了となります。もし、不動産売却によって譲渡益が生じたり、譲渡損の損益通算や繰越控除の適用要件を満たしているのであれば、翌年に確定申告を行います。この手続きが済めば、不動産売却に関してやるべきことは全て完了したことになります。