消費者金融とカードローンの違いは?サービス内容は?

消費者金融と銀行のカードローン審査甘いの違いはいくつかありますが、最も大きな違いは消費者金融は総量規制の対象になるので、年収の1/3までしか借りる事ができませんが、銀行のカードローンの場合には総量規制外なので特に上限は決められてはいません。
そのため銀行のカードローンは専業主婦のように収入がない人でも配偶者に安定した収入があれば、原則的に借入限度額は低めに設定はされるものの契約はできることになっています。
審査の基準に関しては、一般的に銀行のカードローンの方が厳しいと言われていますが、実際には厳しいとばかりは言えません。どちらの審査にも一定の基準がしっかりと設けられていますが、原則的に収入や他社での借り入れなどをみながら総量規制内かの判断をする消費者金融と総量規制外の銀行のカードローンは基本的には融資をすることが可能ですが、どちらも場合にも返済能力というものが基本的にみる審査項目だと言えます。やはり貸す側としては、毎月しっかりと返済をしてくれて、なおかつ定期的に借り入れをしてくれるお客が一番信頼をしているお客になります。従ってこれまでに他社での借り入れなどがあり、その返済で滞納や期日内に返済ができなかったなどの事故があった場合には審査ではとても不利になると言えます。
サービス面での大きな差は、申し込みをしてから実際にお金を借りられるまでにかかる日数にさがあります。もちろん近年では徐々に即日という事をサービスにする銀行の商品も出てはいますが、全体的に見ると銀行は1週間以上からかかるケースも多く、審査そのものが数日かかる事も多いので早さという面ではノンバンク系での借り入れの方が早い事が多くなると言えます。